夢が叶った夏至の田植えになったよ

大阪府能勢町、リトリートのためのコミュニティーハウス、魂を照らす「照乃ゐゑ」に住んでゐる、ぼく、ご満悦くんです。


おかえりー!!
今日は、どんな一日だったかな?
どんな楽しいことがあったかな?
どんな嬉しいことがあったかな?

もしかして、
悲しいことも、あったかな?

その前に、この土日は、どんな休日だったかな?
照乃ゐゑはね、

下の田の田んぼの田植えがあったよー。
照ちゃんはね、朝から、めっちゃ、喜んでゐたよ。

これで、不耕作地の田んぼが、蘇る!!
だって(笑)

どういうことなんだーって感じだけど、
照ちゃん曰く、

現在不耕作地の田んぼは、山沿いの棚田など、
機械が入れないところに多いんだって。

あと、水道(みずみち)が切れてて、
水が入りにくいところにも、不耕作地が多いらしい。

でね、この下の田でやるやり方は、
慣行農法=今の田んぼの水稲方式の
田起こしして、代掻きをする方法ではなくて、

自然農法。
つまり、で、田起こしも代掻きもしない方法で、
機械も使わなく、慣行農法よりは、水をコントロールする必要がないので、

不耕起の田んぼが蘇る流れになるって、
照ちゃんは思ってゐるみたいでね、

もう、勝手に頭の中は、パラダイスになってゐるようで、

夢が叶った~ってね、言ってたよ。

これで、洪水問題も、
食料問題も、
里山の動物問題も、
家族のコミュニケーション問題も、

解決する!!
ってね、思ってゐるみたい。

これで、人も植物も、動物も虫も、地球も、万物も、

みんなが笑ってゐる世界になるーだって(笑)

うんうん、ぼくも、そう願うね。
ということで、まずは、お水を抜いてね、

女の人は、苗取りをして、
男の人は、道具を設置して、

まずは、みんなで、大地が出来るだけ平らになるように、
歩いたよ。

これは、苗取りをしてゐるところ。
道具を設置してゐるところ。
大地をできるだけ平らにするように
みんなで足踏みしてゐるところ。
で、どうやって植えるかの指導を、
田んぼ部で自然農法に精通してゐる教さんに教えてもらって、
みんなで植えたよ。
竹の棒をスライドさせて、
印のところを、


竹でまず、穴をあけて、
そこに、苗を刺したよ。

ピーチク、パーチク、楽しくおしゃべりしながら。
穴開けて、苗刺して、
はい、「ポーズ。」


天氣も、よくてね、
氣持ちよかったよ。
で、毎年のように、
大豆を蒔いてた。


畦に、鍬で跡をつけて、
その中に大豆を二つぶ入れて、


土をかぶせて、
草をかけたら、


はい、田植えも大豆植え作業も完了。
どんな田んぼになるか、楽しみだね。
ちなみに、川口由一さんに憧れてゐる照ちゃんは、



私も30年やっていって、
この田んぼが、生命豊かな田んぼにするんだって。



で、次の世代にこの田んぼを渡すんだって、
ワクワクしてたよ。



ということで、まず一年目は、
無事終了。



ただ、問題が・・・・・
今回、苗代実験ってことで、



4パターンほど、試してたんだ。
そんなことで、苗が余った(笑)



もし、お家で、バケツ苗して、育てるよって
思ったら、是非、照乃ゐゑに取りに来てね。



お家で、お米育ててみてー♡
ではでは、



今日も、読んでくれてありがとう。
週初めの月曜日、
ゆっくり、體(カラダ)を休めてね。



リラックス、リラックス。
よく噛んでおいしいものを食べて、
ふかふかのお布団で、グーっと寝る。
うふふ、コレ、ぼくのしあわせ(笑)



今日も、君が益々健康と幸せでありますように。
Thank you.
I love you.
I’m sorry.
Please forgive me.

追伸:

 

照ちゃんと教さんはとても氣があってね、

マニアックな話を良くしてゐるよ。

 

 

この田んぼも、二人がメインになって、

慣行農法から、自然農法に切り替える作業をしていたんだけどね、

 

 

田起こししない田んぼを見てね、

教さんが、

 

 

「今年は、田起こしされないから、田んぼの生物たちも、

良かったーって安心して、生きてゐるやろうなー。

生命があふれる田んぼになるね。」

 

 

って言ってね、

そしたら、照ちゃんが、

 

 

「そうやねん。

他者を生かすことが、

自分を生かすことになるから、

本当、生命力あふれる田んぼに、なると思うわ。」

 

 

って、盛り上がってゐたよ。

うふふふ、田んぼっていいねー。

 

 

草取り等々まだまだ、作業はいっぱいあるからね、

君も田んぼ作業したくなったら、是非、照乃ゐゑまで遊びに来てねー♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。