2017年照乃ゐゑの年末

ぼく、ご満悦。

とうとう、大晦日だね。

君の年末は、どう?

 

大掃除はしたかな?

2017年の照乃ゐゑの年末はね、

 

12/29日は、クリスマスツリーを片付けて、

座布団も整えて、部屋を綺麗にして、年越しの準備をしたよ。

 

で、12/30日は、もう、照ちゃんは来ないって、ぼく、思っていたけどね、

照ちゃんのお姑さんから、借りてた赤色のモウセンをね、

 

 

「返し忘れてた-!!」

 

 

って行って、照乃ゐゑに来たよ。

モウセンっていうのはね、これ

てんつくマンとお殿様ごっこしたときのね、

このてんつくマンの下に敷いている布ね、

 

 

これ、モウセンっていうんだって。

それにしても、あのときは楽しかったなー。

うふふ、何して、遊んでるねんって感じだけどね、

今、写真、見ても、ぼく、笑っちゃうわ。

 

 

本当、2017年は、色々あったね。

やり過ぎ、ちゃうかーっていうぐらい、ナハハ楽しかった!!

 

 

ぼくも、てんつくマン大好きなんだ。

で、そのモウセンを返し忘れてて、照ちゃんが来た訳。

 

 

松岡家のお正月に使うんだって。

で、折角来たからって言ってね、

 

 

ずーっと、いつか植えようと、置いていた枇杷の木を、植えてたよ。

この枇杷の木はね、2015年夏だったかな?

 

照ちゃんが、照乃ゐゑを取得したときにね、

照ちゃんのお友達がね、くれたの。

 

 

お友達の子どもがね、給食で食べた枇杷の種をね、

家帰ってきて、植えたら、大きくなってね、

 

「もう、鉢では育てられないから、照乃ゐゑに植えてねー」

って言ってくれたんだって。

といっても、もう、2年と半ぐらいたってるけどね、

 

 

やっと、照ちゃん、植えてたよ。

植える場所を悩んでたけど、畑の真ん中のススキさんが生えてた場所に、

植えてたよ。

これ、ススキさんが、生えてた所ね。

今度は、枇杷さんの場所にしようって言ってたよ。

畑にも、山みたいにね、自然の地図があるって、照ちゃんは思っているみたい。

 

 

ススキさんは、硬い土の所に、生えるよ。

通気を良くするために、生えてくれるんだって。

で、照ちゃんその根を切ってね、

また、「ありがとう」って言いながらね、

土をフカフカにしてたよ。

 

 

で、穴を掘って、

下に写ってるスコップね、なんと、このススキさんの根を起こすときにね、壊れたんだ。

ススキさんの根って、めっちゃ強いんだね。

あっちゃーって、照ちゃんが言ってた。

このスコップさんも、お疲れ様、ありがとう。

 

 

で、水をその穴に入れて、

で、枇杷さんを鉢から出してあげて、入れてたよ。

枇杷さんね、長い間、照ちゃんがほったらかしにしてたからね、

こんな感じで、根がとぐろを巻いてたよ。

 

 

「お疲れ様、今まで、ごめんね、許してね、これからはね、どんどん、下に伸びていっていいからね、今まで元氣にいてくれて、ありがとう。愛してます。」

 

 

うふふ。

照ちゃんがイメージしてたけど、これから、この枇杷の木は、

沢山の人を助ける木になるんだって。

 

 

枇杷の葉エキスとかね、枇杷のこんにゃくシップとかね、それから、

枇杷の葉で、布ナプキンを染めたりね、

枇杷の木はね、万能薬で、本当、役に立つ木なんだって。。

 

 

 

ということで、ぼく、名前をつけようっと。

『双子の枇杷の木』

 

って、どう?

根元が、二つに割れてるから・・・

それとね、この枇杷の種を持って帰ってきてくれた子どもね、

 

 

双子なんだ。

だから、『双子の枇杷の木』に、決定しよっと!

 

 

きっと、沢山の実をつけるね、だって、双子なんだもん。

で、土で、周りを埋めてね、炭を照ちゃんが置いてたよ。

はい、完成!!

大きくなったらいいなー。

 

大きくなれなれ、双子の枇杷さん♡

ということで、2017年の照乃ゐゑは、おしまい。

2017年、みなさまのおかげで、楽しく過ごせました。

感謝。

ご満悦くん
ありがとう

 

よいお年を♡

 

 

LOVE&PEACE

I LOVE YOU

THANK YOU

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

照ちゃんが描く、ご満悦くんの絵本の主人公。 soul smile 魂の喜び照らす 「照乃ゐゑ」が、ご満悦くんのお家。 照乃ゐゑは、「みんな愛と光、皆違って皆いい。大人は愛と光に戻って楽しもう、子どもは愛と光のまま、育て、育て」がコンセプト。 是非、遊びに来てね♡ 待ってるよ。