ありがとう自給農スタート♡

うふふふ、2017年4月24日、やっと、照乃ゐゑの畑、開墾スタート。

照乃ゐゑの田畑は、尾崎里美ねえやん所で習っている「大地の花咲」の貴ちゃんのありがとう農法と、

(左が、貴ちゃん、右が尾崎里美ねぇやん、で真ん中で、超喜んでる私)

+ジャンさんの自給農を

(上が、ジャンさん、日本人です。ジャンさんのことも、とっても大好きな私♡)

照ちゃんなりに、かけ合わせて、

「ありがとう自給農」

でやることにしました(笑)

 

うふふふ、超単純のPPAP ピコ太郎のパイナップルペン並(笑)

そんなことで、もしかして、日本初、世界初かも。

 

もう一度、ジャーン、その名も、

「ありがとう自給農」

いい、いい、良い感じやー♡(ドラえもん風にお願いします)

 

ありがとう農法はね、ありがとうって言いながら、大地の豊穣に繋がって、農薬なし肥料なしで、ありがとう添加物だけで、育てる農法。

 

硬盤層のところにありがとうって、声をかけて、豊穣の部分に作物の根が伸びるように、

「ありがとう」を伝えます。

 

で、やってみたら、照乃ゐゑの畑は、ただいま、25センチぐらい、表土があります。

場所によっては、40センチ、場所によっては、10センチって感じでした。

 

これから、どんどん、硬盤層に「ありがとう」っていって、豊かな大地の豊穣につながるように、導いていく予定。うふふ。

 

で、やっと、開墾し(今までは、大地の再生作業を自分たちなりにしてました。で、遅れた)、じゃがいもを植えることが、できました。(うふっ、遅い?!)

 

畝の形は自給農の方を採用。

畝幅120センチ、センターありです。

で、ジャガイモの植え方も、自給農を採用。

左側は、芽を下に、右側は、芽を上にしてます。

自給農は、自分で感じる、考えるというのが、目的なので、実験をするのが特徴だなーと私は思ってます。

正しい間違っているっていうのでなく、自分で体験し、この畑にはどうかなど、自分で考えるのも、特徴。

そんなことで、私は自給農が自分にあっているって思って、野菜の気持ちや土の気持ちを考えたくて、自給農を学んでます。

 

そんなことで、じゃがいもは、芽が上向き、下向きと、両方してみて、自分がどう感じるか、体験することにしました。

 

切り口が上になっている場合は腐りやすいとのことで、水が切り口にたまらないように、切り口を傾けておくこと。

じゃがいもを植える時に使った灰もね、照乃ゐゑの薪ストーブの灰を利用。

そう、こんなことがしたかった!!自前の灰、最幸♡こんなんで、テンションがあがる私。

灰は抗菌作用のためにじゃがいもとともに畑に置きます。

めっちゃ、嬉しいです。

ちなみに、大地の再生も自分なりにチャレンジしてみて、畑の縁には、溝を掘り、炭を敷いたのですが、その竹炭も、照乃ゐゑの伐採した竹から作りました。

うふふ、そう、こんなのが夢やった。

楽しい、楽しい、楽しいです♡

照乃ゐゑ、自然に、ありがとう。

楽しそうでしょ。っていうか、本当、気持ちよく楽しいです。

そして、私は、気持ちいいので、裸足で、作業しました。うふふ、気持ちいいよ。楽しいよ。

本当、「ありがとう自給農」って感じ。

感謝です。

 

照乃ゐゑ、「ありがとう自給農」体験者募集中。

大人一人500円、子ども無料です。

お昼ご飯を食べる方は、みなで同じ釜の飯を食べるので、

大人も子どもも、お一人米一合を持ってきていただけたら、嬉しいです。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ありがとう自給農誕生だー、うふふふふふ♡

世界初!!

ネーミングだけで、笑みがこぼれる照ちゃんより。

 

追伸:

ずーっと、夢だったんです。畑を近所で借りていたのですが、お友達の家の畑だったんで、そのおじいちゃんが、機械で耕すことをされるので、自分の思うことがしにくくって、

でも、もう、自分の思うように自由に感じるまま、しかも、ありがとうを言いまくって、

作物を育てる「ありがとう自給農」をすることが、できる日々が来るなんて、

 

神様ー、皆様、万物さま、ありがとう。

アスパラも、これで、行けるわ。

 

あー、幸せです。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

 

LOVE&PEACE

I LOVE YOU

THANK YOU

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

照ちゃんが描く、ご満悦くんの絵本の主人公。 soul smile 魂の喜び照らす 「照乃ゐゑ」が、ご満悦くんのお家。 照乃ゐゑは、「みんな愛と光、皆違って皆いい。大人は愛と光に戻って楽しもう、子どもは愛と光のまま、育て、育て」がコンセプト。 是非、遊びに来てね♡ 待ってるよ。