田植え、始まりの朝

今日は、待ちに待った「田植え」の日と、思って、朝起きた「照乃ゐゑ」の照ちゃんです。

天気は、晴れと曇りなんかな?
朝焼けの空がキレイだった。

ずーとね、自給自足を夢見てた。
ずーっと、米を育ててみたいと思っていた。
ずーと、手植えで、楽しい仲間で、植えたいって思っていた。


それが、今日なんだーって思うと本当、嬉しい。
どんなことになるかな?

記念の一日。
ここまで、来るだけでも、いろいろな学びがあったよ。


苗ね、育てることでも、学びがあった。
完全に米作り一年生です。

でも、きっと、これを、10回、20回ぐらい重ねていったら、
イコール、米作りは、年1回だから、必然的に、一〇年後、二〇年後の話だけど。

段々、ありがとう自給農で、米作りが出来るようになってね、
面積も、広くなってね、

照乃ゐゑの田んぼ周辺がね、
手植えで、ありがとう自給農でね、米を作るのが、メジャーになってね、
めっちゃ、楽しいことになるって想像しているんだ。

田植えのときには、生演奏とかあるねん。
収穫のときも、太鼓とかなってるの。

新米を食べるときは、新米祭りとかね。
羽釜で炊いて、食べるねん。

羽釜の木のふたを開けたとき、ご飯から湯気が立っててね、
かに穴があいてて、ご飯が立ってる!

めっちゃ、美味しいねーってみんなでご飯を噛みしめて食べる。
おかずいらんやんとか言いながら。

それから、春には、レンゲ畑でマナヨガをするねん。
うふふ、私の妄想、笑う?


みんなで、ありがとうって言いながら、植えた「ありがとう照米」とか。
うふふ、「ありがとう照姫米」とか。

うふふふ、完全に、妄想の世界ですが。
いつか、デパートに並んだりして。

いや、まずは、ネット販売やね。
って、まだ、植えてもいないのに想像している。

一〇年後の話。五年後の話。
三年後の話。

おいおい、期間が縮まってますよーって感じだけど。
お土産に、「照乃ゐゑ米」どうぞ。

あっ、また、名前が変わっているけど。
そしたらね、米を食べる人が増えるんちゃうかなーって。

米を食べることが、かっこいいってことになってね。
イケてるねーって感じ。

自分で作ったお米を食べることがね、ステイタスみたいになるの。
これ、自分で作ったお米やねん、

しかも、手植えで、ありがとう農法で、
えー、すごい、美味しい!!

私もしたーい、
じゃー、来年、誘おうか?

うん、勿論、
日を空けとくわ。
ってね、田植えがイベントになる。
みたいな妄想。
そんな感じでね、

米作りに関わる人が増えるんちゃうかなーって。
休耕田があれば、みんなで、田植えをする組織が出来たりして、

気軽に、都会からでも、米をみんなで作るという文化が発生したりしてね、
楽しいって思うねん。

米作りは、コミュニケーション力も必要だから、
それに参加する子どもたちは、


必然に、コミュニケーション力や、みんなの中で生きていることを、
それから、自然の中で、私たちが生かされていることを実感するって思ってね、

LOVE&PEACEな世界を想像している。
その田植えが今日、始まるんだ。

初めてのことが、多かったから、
私のわがままに、きぃちゃんを振り回してしまったことに、
心から反省しながら。

ごめんね、許してください。ありがとう。愛してます。
ごめんなさい。でも、すごくしたかったこと。

今日は、主人も、参加してくれます。
嬉しい。

米作りは、みんなの力で、成り立っている。
それを実感する照ちゃんより。

心より、感謝。
全てに、ありがとう。

LOVE&PEACE
I LOVE YOU
THANK YOU

みんなが笑顔の田植えに、なりますように・・・・

照代

あめのみなかぬしさま、いつもお助け頂きまして、ありがとうございます(笑)

ニッコリ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

照ちゃんが描く、ご満悦くんの絵本の主人公。 soul smile 魂の喜び照らす 「照乃ゐゑ」が、ご満悦くんのお家。 照乃ゐゑは、「みんな愛と光、皆違って皆いい。大人は愛と光に戻って楽しもう、子どもは愛と光のまま、育て、育て」がコンセプト。 是非、遊びに来てね♡ 待ってるよ。