照乃ゐゑ3周年目の氣づきと手放し

昨日は、照乃ゐゑ3周年の日。

そして、節分カム会の日でした。

玄米巻きずし、上手にできた(自分で言ってるけど)

美味しくできて、嬉しかった。

 

と、おすまし。

具は、セリ、かんぴょう、干しシイタケ、高野豆腐

卵。

すし飯は、梅酢だけで作った。

カム会のご飯は、食養と言ってゐるので、卵はどうかな?って思ったけど、

歯の割合で食べることを勧めてゐる私なので、オッケーってことに。

 

今年は、鶏を飼うぞーと思ってゐる私もあり。

なので、少量なら、オッケーってことで。

 

いつも最初に行う1分噛みは、西南西を向いて。

そして、いつものカム会の文を読みつつ、

自分の中の鬼は何かというのをシェアしてもらって、

明日から、立春ってことで、今年やりたいことを言ってもらった。。

そして、鬼になって、豆まき。

 

今年は青鬼。

私の中では、泣き虫さん、怖がりさんの陰性の鬼です。

どうせ、私なんて、という私を責める鬼が、

みんなに豆を投げてもらうことで出ていきました。

どうせではない。

ちゃんと、尊重される私なんだ。

全てばっちりな、世の中なんだ。

 

豆を投げられて、そやなって思いました。

何不自由なく、私が居心地よく生きる、

私がイキイキ生きる環境を与えられてゐる。

 

だから、私は生きてゐる。

やりたいことは、一つだけ。

 

そのために生きてゐる。

「全てばっちり。

愛と勇氣を持って、行動を。」

 

この言葉は、昨日のカム会で、

今年やりたいことの話をシェアするときに、

Aちゃんが、言った言葉。

 

Aちゃんは、この間、

照乃ゐゑの裏山にある亀子神社に21日参りをしていたんだけど、

その最後の日、

 

『さぁ、なんでもお願い事叶うんやな、

何にしようかな?』

って思ってゐたら、

 

照ちゃんの声で、

「全てばっちり。

愛と勇氣を持って、行動を。」

 

って聞こえたそう。

うふふ、そんなバナナって思うけど、

 

その言葉が、私に、

ブーメランのように跳ね返ってきて、

今朝は、涙。

 

怖いんやな。

豆を投げられたことで、

こんなことに氣づきました。

うふふ、さっそく、豆を投げられたことが、

影響してゐる(笑)

役に立ってる!

 

そうそう、命までは誰もとらん(笑)

どんな開き直り方なんだー!!

 

それと、もう、私は、いろんなことが出来るんだ。

まだまだ、自分のことを出来ないと思ってゐる自分を卒業しよう。

 

まだまだ、持ってた。

迷惑をかけるって思いこんでる自分がゐて、

出来るだけ、一人でやってしまう自分もゐた。

 

ファミリーは一緒の夢を見てゐるはずなのに、

愛と信頼。

 

そして、久々に来てくれた元ファミリーもいて、嬉しかった。

(忘れてゐた長靴を取りに来たということで、食べていってーと誘う私)

照乃ゐゑファミリーも、3周年を迎えて、

ちょっと、変わってきたなって思う今日この頃。

 

どう変わってきたかというと、

3年前のグランドオープンの時は、

照乃ゐゑの運営の資金のこともあるし、

 

特典を付けて、協力してくれたら、

いいなって思いがあった。

 

だけど、3周年を迎えた今は、

何の特典があるから、ファミリーって訳ではなくて、

血は繋がってゐないけど、魂は繋がってゐて、

 

みんなで理想郷目指して、心に愛を持って、

お互い尊重し、信頼しあう家族が、

照乃ゐゑファミリーだなーって思ってゐる。

 

そして、困ったときは、お互いさま、

支えあう大きな家族が照乃ゐゑファミリー。

 

これからは、みんなと協力して、

照乃ゐゑ、やっていこう!!

そんな節分カム会での氣づきをここに。

 

やっぱり、私はカム会が好き。

私にとって、カム会は、喜びです。

はい、カム会、来てくれたみなさま、ありがとう。

 

今年のカム会は、

上弦の月あたりに、成長する月のところで、

 

噛むことを思い出して、一つずつ、丁寧に味わいつつ、

過ごしていきたいと思います。

 

きっと、毎回、何かを思い出すでしょう(笑)

カム会の年間スケージュール、申し込みフォーム作りました。

https://resast.jp/page/event_series/32537

 

是非、お越しください。

出張の依頼もオッケーです。

 

今年は、一つずつ、噛みしめながら、丁寧に過ごします。

照ちゃんより。

 

来月は、3月3日。

ひな祭りカム会です。

 

大地の母の家も、この日に同時開催予定。

噛むことを通して、世代を超えて、

色んな人と色んな食べ物と繋がって、

 

ご縁を噛みしめる時間を作ってくれたら、嬉しいです。

四季を感じたいとき、噛むリズムに戻したいとき、心身の調節に、どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です