睦月12日 どんど焼きの準備してたよ。

睦月12日

この日は、どんど焼きの準備をしてたよ。

まずは、畑にどんど焼きをする場所を決めて、

そのあとは、竹を山から下ろしてくる場所の草刈りをしてたよ。

で、お昼は豆カレーってことで、

畑でハガマご飯を炊くために準備して、

そしたら、もうお昼になったよ。

 

 

参加してくれた人はね、

お家がIHコンロだそうで、普段火を見ることがないから、

 

 

火を見てね、

「火っていいなー」

って、じっと火を見つめてたんだ。

ぼくね、それだけでも、嬉しくなっちゃった。

 

照ちゃんはね、久々に、ハガマでご飯を炊くから、出来るかなーってね、ちょっと、不安氣に言った後ね、

 

 

太郎さんならね、すごく美しい火なんだけどねとか言いながら、ハガマでご飯を炊いてたよ。

 

 

無事、炊けて大喜び。

うふふ、何だって大喜びできるって、いいね(笑)

 

で、豆カレーはきぃちゃんがダッチオーブンに仕込んでくれた。

不思議なんだけどね、キッチンで味を見てるときは、こんなもんかなーってな感じなんだけどね、

 

畑に持っていって、薪の赤い火の上に置いたらね、いつの間にか、美味しくなるから、不思議。

 

ぼくね、火も調味料のひとつじゃないのかなーって思うんだ。

 

 

そうそう、お昼前に可愛いお客さんが来たよ。

子どもって、いいね。

家族っていいね。

 

みんなで食べた豆カレーも、美味しかった。

でね、おやつに、さつまいもを食べようってなってね、籾殻使って、さつま芋を焼いてたよ。

 

その間に、山から、大地の循環作業で切った竹たちをみんなで運んでたんだ。

 

いい汗かいたー。

楽しいって、言ってたよ。

ぼくも、楽しかった。

 

そうそう、籾で焼いたさつまいもはね、

まるで、栗みたいな味がしたよ。

 

ではでは、また。

Thank you.

I love you.

And.love&peace🌏

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

照ちゃんが描く、ご満悦くんの絵本の主人公。 soul smile 魂の喜び照らす 「照乃ゐゑ」が、ご満悦くんのお家。 照乃ゐゑは、「みんな愛と光、皆違って皆いい。大人は愛と光に戻って楽しもう、子どもは愛と光のまま、育て、育て」がコンセプト。 是非、遊びに来てね♡ 待ってるよ。