第二回 糀さん♡おむすびさん、ありがとうの会レポート♡

はい、ラブ&ピース クリエーター 照ちゃんです。

今日は、10月11日(水)に行った、稲森多恵ちゃんの「糀さん♡おむすびさん ありがとうの会」のレポート。

 

 

うふふ、本当、この頃、毎日毎日幸せなイベントいっぱいで、

あと、稲刈りに夢中の為、ブログも、ゆっくりペースですニコニコ

 

 

この日も、朝から、稲刈りして、

朝、なんか、「えびすさんのりょうりきょうしつ」って、言葉が浮かんで、

 

 

エビスモチを、田んぼに刈りに行き、多恵ちゃんに見せ、玄関に飾った私。

多恵ちゃんが喜んでくれて、嬉しい。

うふふ、そんなことが、大好きです。

 

 

多恵ちゃんは、糀マイスター♡

糀の原点も、聴いて、なるほどって思った。

 

 

なんでも、質問したくなる私。

多恵ちゃんに、

「みりん」と「甘糀」って、どっちが先に出来たの?

って、聴いたら、

IMG_20171013_203256391.jpg

糀の原点を教えてくれました。

どういうことかというと、

 

 

神様にお供えしたお米にかびが生えて、

それをお酒にして、宴会したとのこと。

 

 

そのカビが、糀とのこと。

ということで、

 

 

甘糀(あまこうじ)の歴史は、

日本書記によると、古墳時代に原型があったとのこと。

 

 

味醂は、糀・餅米・焼酎から出来てて、

味醂の歴史は戦国時代からとのこと。

 

 

古墳と、戦国って、ことで、甘糀が先なんだなーって思って、

これから、もっと、甘糀を利用していきたいなーって思った照ちゃんです。

 

 

甘糀(あまこうじ)とは、一般的にいうと甘酒。

酒粕から作った「甘酒」ではないことを伝える為に、

多恵ちゃんは、「甘糀」って使ってます。

 

 

本当、色々知ってて、

すごいなーって、感動した。

 

 

それとね、この話を聞いてね、

糀って、神様からの贈り物なんやなーって思った。

 

 

あと、昔の人って、腐っているものを食べるなんて、

なんて、怖いもの知らずだと思ったびっくり

 

 

昔の人は、愛で、生きているンやろうなーって、感動。

菌も、全部が、仲間。

私たちと同じ、宇宙の一部やもんね地球

 

 

でも、なんで、今は、色々怖がるんだーって、思考がグルグルする私。

自分の中に恐れがあるってことなんか?

 

 

もっと、自分の中を愛で満たせばいいってことか?

うふふふ、どこまで思考するねーん(笑)

 

 

話は、戻り、稲森多恵ちゃん。

私的には、エビスさん。

 

 

だって、稲森 多恵なんだもん。

 

 

お顔もね、エビスさんみたいに、福のお顔。

IMG_20171013_203630291.jpg

これが、多恵ちゃん。

この日のメニューです。

まずは、料理教室を始める前に、みんなで手を繋いで、お祈りします。

IMG_20171013_203630302.jpg

私が音頭を取らさせていただいて、

「自然のお恵みと、動植物の命、人々の労働に感謝して、

料理させていただきます。

この食べ物が、私の中に入って自他共に、愛に変わりますように。

ありがとうございます。」

 

 

って、言ったらね、エネルギーが半端なく、ビンビンビンビン。

すごーいって感じ。

 

 

で、重ね煮の時もね、みんなで、愛のエネルギー注入。

IMG_20171013_203256426.jpg

本当、すっごく、濃厚で美味しい味噌汁でした。

なんだ、これはーー!!

 

 

って、いうぐらい。

美味しかった。

 

 

ただ今、私は究極のデトックス中なので、

玄米と、味噌汁生活をしてて、

 

 

味噌汁と玄米はバッチリ頂きました。

「うまい!!」

でも、それだけではなくてね、めっちゃ、誘惑されて、

IMG_20171013_203630446.jpg

私は、「デトックス中や」って、

みんなに言ったはずなのに、

 

 

席に着いたら、ちゃんと、私の分も、盛り付けられてて、パチリカメラ

里芋とレンコンをね、醤油糀で煮たやつを味見程度で食べたはずが、

 

 

超美味しくて、はい、食べてしまいました。

(このメニューは余った食材で出来たメニュー)

 

 

味噌汁の具に入ってることにしようって、うふふふ。

(入ってないぞ、ベィべーニヤリ

 

 

そうそう、それと、作っている間も、多恵ちゃんの料理教室は、

とっても、とっても、平和な風がながれてて、

IMG_20171013_203630386.jpg

何回も何回も、幸せやナーって、みんなで言い合っていました。

 

 

これは、多恵ちゃんが醸し出すえびすさんオーラのせいだと思ってます。

IMG_20171013_203256579.jpg

これは、言葉では説明できないから、次1月に来てね。

多恵ちゃんの料理教室は、3か月に一回です。

 

 

多恵ちゃん曰く、四季に1回、その時のご縁のある旬のお野菜で作るとのこと。

で、後々には、

 

 

照乃ゐゑで作ったお野菜で、レシピをあらかじめ決めて作るのではなく、

野菜に聴きつつ、糀料理がしたいと言ってくれました。

 

 

はい、私も、それが、夢です。

そんなことで、多恵ちゃんと私の描く世界は、ぴったり。

 

 

ではでは、これは、多恵ちゃんが書いた、この料理教室のブログ。

多恵ちゃん側からのブログも読んでみたら、面白いって思います。

噛むことと、糀の役割が、めっちゃ似ていることに感動した照ちゃんより。

 

えっ、どういうこと?って思った?

それは、一月の料理教室に来てね、

その時に、わかるから(笑)

 

 

では、第二回の「えびすさんのりょうりきょうしつ」レポート終了。

うふふ、名前が変わってますが・・・・

 

 

LOVE&PEACE

I LOVE YOU.

THANK YOU

 

 

私も、デトックス終われば、糀にはまるぞー。

糀って、すごい!!

 

 

躰は食べ物のお化けおばけくん

食べ物さん、ありがとうおにぎり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

照ちゃんが描く、ご満悦くんの絵本の主人公。 soul smile 魂の喜び照らす 「照乃ゐゑ」が、ご満悦くんのお家。 照乃ゐゑは、「みんな愛と光、皆違って皆いい。大人は愛と光に戻って楽しもう、子どもは愛と光のまま、育て、育て」がコンセプト。 是非、遊びに来てね♡ 待ってるよ。